Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE

OTHERS

Is This Right?

how do we know?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
上海慕情
 思い出したら書き足すかも的上海こぼれ話。

Actually, some Shanghai people want to get shanghaied.
 中国には、何か裏にありそーな、白人男性と人民女性のカポーが多い。そして、その白人男性は大抵パゲもしくは、パゲ0.5歩手前(要するにほぼパゲ)もう、自称公認パゲウォッチャーな私は、そこしか見えなくなりかけてたYO☆『あー、この人、あぶねーなー』と思うと、その生え際しか見えなくなるもんで。一瞬、恋かと思っちゃうほどに。ただ、パゲは対象外なので、あしからず。誰も聞いてないけれど。そして、ただのパゲじゃなくて、基本年上。だいぶ年上。もしや…ロリコン?ただでさえ、黄色人種は若く見られるって言うのに…ねぇ…。
 緑色の何かとか、元とかドルとか、何かがからんでいるようにしか、見えないカポーたち。その男、サンドラ・オーが『世界の美しい50人』に選ばれる国(もちろん、違う国から来てる人もいるんだろうが)から来てる年上パゲなのに、いいの?まあ、見た目だけが審査基準じゃないし、何かすげーことしたのかもしんないけど、あのサンドラ・オーだYO?!見方によってはキレイなのか、あたいの基準だけからはずれているのか分からんが、納得いかねー。あ、でも、女性側も、びもーな人が多かったが。そりゃ、サンドラ・オーが美しい国だもんね。しゃーないよね。←あたいがそー思われてるのも百も承知。
 でもあんなパゲ(しつこい)にシャンハイされちゃうのか。それでいいのか。

▲僖献礇沺瓮好謄ぅ織垢慮式。
 上海では、パジャマで外を歩いてる人が多かった。そしてパジャマ屋も多かった。
 ぎし曰く、中国全体が経済的に落ちた時に、『寝るための服も買える!!』ということで、パジャマなり寝間着なりを持ってることがステイタスだったことの名残らしい。だから、パジャマで堂々と出歩けるらしい。
 今でもなのか!!

パンツはハンガーに干す。
 たいてい一つのパンツを一つのハンガーに干してある。パンツがでかいからできる技。
 中国の店って、結構上から色々物をつってあるんだけど、そんなお店の軒先に、干されたパンツonハンガー。売り物か、洗濯物か…私にはもう分からない。そして気にしない。気にしてられない。

ぅ好織个魯謄キンの溜まり場。
 スタバにいるのは、大抵白人のおっさんたち。きっと何を食べて大丈夫か分からないから、スタバにいるんだと思われる。あとマックとか。ティーキーン!!

ゥ僉璽泙呂つめ、前髪は短め斜め。
 ゆるパーマなんて言葉はない。皆パーマきつめ、がっつり巻いてた。80年代のアメリカよりはゆるめだけども。でも、結構がっつり。そして、前髪は、ぱっつん。あたいが生きていける国、見つけた!と思ったけれど、やつらのぱっつんはオサレぱっつん?で、すんげー手入れしてあるティック。なんせ、きれーに一直線斜めに切ってあるんだから!器用なこと!!

B系カポーは、ここぞとばかりにいちゃつく=万国共通。
 上海人と言うか、中国人から、『カップルは、見せ付けるようにいちゃつくんですよ』とは聞いていたけども、地下鉄でその洗礼を受けた。
 人通りが多い道端でも、絶対あれは、舌絡んでるよ的キスをしてたカポーが。そして、そんなカポーは何事もなかったかのように歩き始めた。うーん、自然なことなの?
 そして思った。そういうカポーに限って、B系だってこと。日本でも、やったら人前でいちゃつくカポーってB系だよね。もてぃろん、BUSAIKU系のB系。まてぃだでは、やたら横にでかいB系カポーが、寒空の下でも半袖ないしタンクトップでいちゃついてたけど、やはり、そういうのって万国共通なのか。といっても、データが2ヶ国のみだけど。
 ちなみに、学校の茂みでは、いちゃつくどころか、やっちゃゴホゴホてるカポーも多いらしい。沢東の像の前でもいるらしい。若さって、恐ろしい。
| 戯言 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
I tried so hard not to get shanghaied
 前日、語り明かしたおかげで、思わず遅起き。ぎしの部屋でまったりし、その後、洋服市場みたいなとこでウィンドウショッピング。人がごった返しすぎてて、面白いかったけれど、長居はできなかった。

 その後、茶房的何かに言って、お茶を堪能しつつ、お菓子を更に堪能した(笑)そこにあった梅のお菓子がおいしくて、似たような物を買ったんだけど、やっぱ、店の方がちょっと値段がよかったせいか、味が違う。あれは、どこで売ってるんだろうか。ちょっといい値段のお店だっただけあって、よい態度の店員もいた。もてぃろん、人民的店員もいたけどね。がちゃん、がつん、どんとこい、みたいな。

 その後、移動して、る氏の留学中のお友達のスペイン人とその同僚の上海人とともに、中国精進料理を食べた。肉、魚はなくってよって言う、うわさのあの料理を。日本のがんもどきとは比べ物にならないくらい、何かが何かにきっちり似せられててうまかった。でも、本気で修行する人が、○○っぽいを求めてそれを食べるのって、いかがなものか。完全に断ち切れよ…みたいな。それで俗世が捨てられるのか?!みたいな。それはともかく、ソコのメニュー和訳が爆笑物で、『○○炒め』みたいなのもあれば、『カレーはジャガイモを煮込む』と言う、謎のメニューもあった。ちなみに、カレーが煮込んでくれたジャガイモは、かなりうまかった!!

 その後は、また四人に戻り、ジャズバー、コットンクラブへ。アメリカのコットンクラブや日本のコットンクラブと関係があるのかどうかは知らない。とにかく真っ暗で、各テーブルに一つ、小さなキャンドルがともされるだけ。入ったときは私達を含め、三組で、ほぼ真っ暗。目を悪くしたい方には大分オススメな空間だった。ちなみに、私の背後にいた外人カポーは暗いのをいいことに、いちゃつきまくってたYO☆

 入店から大分たって、人ががっつり集まった頃(8割方白人…)に、ジャズの演奏が始まって、中国人のおねーちゃんが、白人のじっちゃまに、ダンスに誘われて踊ってた(笑)そのおねーちゃん、白人のパゲ彼氏(?)づれだったのに…。案の定、置き去りにされた彼氏は、終始心配そうだった…。あんたのライバルは、もうすぐよぼつきそうな、あのじっちゃまなのか…と、ちょっと同情。そのじっちゃまは、そのおねーちゃんの後も、カモ探しに必死なご様子で、すんげー必死に首を伸ばしてた(笑)その後の踊りを見て気づいたんだけど、そのじっちゃまは、横に動くのが好きらしい。戻ってきたねーちゃんは、彼氏?のご機嫌を直すべく?やたらべたーっとしてて、思わずチウまでしとった。ぬーん。もてぃろんパゲはでれでれしてましたがな。

 演奏を堪能してから、店を出たら、日付が変わってた。やー、上海、がっつきの都市だけあって、時間がたつのが早かった!!もうちょっとトイレがキレイに使える人たちが増えてきたら、また行きたい。
| 戯言 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
I tried so hard not to get shanghaied
 上海二日目。ユエンという、昔のおきゃねもちの庭園をメインに観光。

 バスで駅まで行ったんだけど、バスの運転って、あれでいいのか。ああ、この国には、安全運転って言葉がないのか…と思ったあの瞬間を、私は忘れない。

 金持ちの庭は美しかった。金に物を言わせて、好きなように作ったんだろうなぁ。うらやますー。いーいないいな、金持ちっていいなー♪

 そのユエンってとこのほど近くにある、行列のできるショウロンポウの店で並ぶ。ぎし曰『並ぶのが嫌い』な人民がならんじゃうくらいだから、相当おいしいんだろう。並びながら編み物してたおばちゃんがいたけど、この人、並ぶ気満々だったのね。並んでゲットしたショウロンポウは、ベジタリアンのルーシーの目の前で食したけど、うまかった。人民も並ぶおいしさ。行く機会がある方、お試しあーれー。

 そのショウロンポウを食ってる時に、通りすがった白人のじっちゃまが、両脇に人民ガールをつれていて、片方とは、手を、『恋人結び』してたんだけど、あれは、何?ああ、あれか、金とかビザとか…ゴホッ。

 ユエンのあたりでブラブラして、色々買って、楽しかった(小学生かよ)しかし、人民の商売魂、すてき。食い下がる。どこまでも、食い下がる。こっちとちゃー、値切ってなんぼ。なんとなく、関西のおばちゃんの、値切り魂に火がついたね(違)

 上海といえば!!みたいなあの、不思議な形をしたタワーも見たよ、外から。あんな建物が見える位置には、結構、人民的庶民的な町並み。ギャップが激しい、上海は。

 南京路って場所も行った。あれ、上海じゃねーの?と本気で思ったね、名前を見て。どういうルールで地名がつくのか、あたいにはわかりゃーせん。東京でいったら、原宿〜青山みたいなとこティック。ソコを走ってた、路面電車ティックな何かの広告が、更年期障害のための何かティックで、なんだかビックリ。

 新天地ってとこにも行った。昔フランス人街だった(んだっけ?)から、フランス風の建物が多く、ソコに色々な店を入れている模様。おされーなお店が多かった。ヒルズティック。ステキにイルミネーション。←人民のセンスなのかは疑わしいくらい、ぎらぎらしてないイルミネーションだった。

 上海は奥深い。色々な要素がぎゅっとつまってて、ごった煮みたくなってる。表と裏だけじゃ語りきれない何か。とにかく、皆、やる気があるんだかないんだか分からない働きっぷりで、なんでかパワフォーでエネルギッシュ。要するに、がっついてないと生きていけない土地、上海。ソコだけは言い切りたい。
| 戯言 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
I tried so hard not to get shanghaied
 今更ながら、上海記。第1日目。

 愛子様とルーシーと空港で待ち合わせ。ルーシーとは、ちょっと先に待ち合わせ。ルーシーに指定しておいた階数が間違ってたことに、ルーシーが携帯を返し終わってから気づく私。待てども待てども、来ないルーシー(ただ、私が焦りすぎてるだけ)やたら心配になり、その階におりてみて発見。あえてよかったわ。あいこつんとは、普通に会えた。携帯ってステキ。

 チェックイン時に、どうみても安全なルーシーが止められるというステキなエピソード。そんなルーシーを待ってる間に、中国人のおばちゃんが愛子様を一緒にチェックインさせるために説得しようとするなんて、更にステキなエピソード。ああ、成田空港ってドラマチック(違)

 まあ、成田を離れ、『満席です』といわれた割に、隣がすいていたステキな機内を三人でしゃべり過ごし、降り立った上海の空港。ここでガッツキ魂の洗礼にあった。

 まず、入国審査で愛子様がカナダ国籍をお持ちと見られる中国系の女性に列をあっさり抜かれた。もう、その手法は見事なもんだった。うーん、チャイニーズマジック。

 そして、荷物が回ってくるベルトコンベア(?)んとこ。バゲッジクレーム。あのさ、私、今まで、あんなに人ががっついて自分の荷物待ってるとこ、初めて見た!!皆、普段より、一歩、近づいてない?中国人ががっついてるからか、旅行客や海外出張ビジネスマン風味な人々もがっついて、一歩前へ。もう、がっつかなくちゃ、ここでは生き残れない…と悟った瞬間。

 荷物をとって、出ようとすると、待ってる人たちもがっついてる。一瞬、『あれ、アイドルでもきてんの?!どきどき』みたいなステキな錯覚に陥らせてくれる。この中にあのぎしもいるのか?!あのぎしなら紛れ込める!!となんだか確信しつつも、意外とがっついてないぎしを発見。よかった。染まりきってなくて。

 そんなぎしがいたおけげで、無事にぎしの留学先の大学、ノーマルユニバーシティ内のホテルに到着。タクシーのうんちゃんとコミュニケーションとれる、あんた、かっこいいよ。っていうか、タクシーの運転もがっついてた。道、さほどこんでないのに。がっつきがからまわりんぐ。
| 戯言 | 22:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
キタ━(゚∀゚)━ !
 久々にメロメロパークの管理画面見ていたら、ドラヲがまたやってくれてた。



 お!!



 やるじゃないかー。おまけに(?)まいこも覚えている。

 ってか、固有名詞も覚えるのか。私の名前は覚えてもらえないor分けて覚えられるんだろうなぁ…。
| 戯言 | 01:40 | comments(2) | trackbacks(0) |